スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

敗色豊か

週刊俳句に寄稿しました。

読んでいただけたらただただ嬉しいです。

作品十句のタイトルの「敗色豊か」という言葉は、
世界で今まで使われたことの無い言葉です。(グーグル調べ

だからどうということもないのだけど、
今やっているオリンピックで例えば、世界新記録を出すのはすごいけど大変そうだ。
一方、人知れず、世界初の言葉はいたるところで生まれる。

敗色豊かな俳人になろう。


抱けば君のなかに菜の花灯りけり  河原枇杷男

中に灯った明かりを見ることはできたのだろうか。抱きしめているときは相手の顔は見えない。
ぼうとした人の中の灯りを身体に感じるだけである。皮膚で感じる灯りだからこそ、菜の花の把握が質感をもって読み手に及ぶ。

観賞でもやりますか。

そう、自分のこと以外をメインにしないと、記事がかけない。



スポンサーサイト

2008年08月10日 俳句の振れ幅 トラックバック:0 コメント:0

ウィキ

誰の仕業かしらないけれど、こんなことになっているなんて。

ウィキペディア

2008年08月09日 俳句の振れ幅 トラックバック:0 コメント:0

社会性俳句

今俳句の趨勢は、俳句のための俳句じゃないですか。俳句が目的というか。何かのために俳句を作るとなると、ちょっと恥ずかしいというか。
別にいいんですよ。それで。

ただ、俳句を目的にしつづけると、だんだん劣化するんですよね、自分なんて出したくないのに、煮詰まっちゃて出ちゃう。内に籠もっていってしまう。尖だけかもしれませんが。
だから
ちょっと目線を変えてみようかな。

俳句で表現するなんて恥ずかしいけど。社会性?なのかなぁ?


2008年07月24日 俳句の振れ幅 トラックバック:0 コメント:0

俳句入門書

例えば尖が入門書を書くなら


もしものときの俳句入門  西川火尖 著

目次

1回目 なぜ今俳句なのか!について力説するほど、説得力がなくなるからやめろ。

2回目 俳句に必要なものはと聞かれ、即歳時記と答えたときの恥ずかしさ。

3回目 歳時記の使い方。

4回目 多少ダサくてもいいからカッコイイ俳号を持つのだハイクガイよ。

最終回 はい、そこでオススメの俳句入門書です。


ハクイクガイとは、ある外国人が書いた俳句小説のタイトルである。たまたま和訳を読ませてもらったが、タイトルだけでお腹いっぱい笑


寝なきゃ。お休み。





2008年07月08日 俳句の振れ幅 トラックバック:0 コメント:0

虚子

大根の葉の流れゆく速さかな

虚子で好きな句の中のひとつ。有名すぎるが、やっぱり好きだな。
この葉は誰にとってもちょうどいい速さではないだろうか。
多分、共感とは違う。うまく言えないが、虚子の腹はわからない。

2008年07月07日 俳句の振れ幅 トラックバック:0 コメント:0

| そして俳句の振れ幅TOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。