スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

盗記

盗記  一日五句

爽やかに二度寝の神に愛されて

育とうとしてゐる如し油照

風鈴や音の中心を思ひつつ

鉄棒の頬あて匂ふ夕焼かな

大気ある国に雷マホガニー

スポンサーサイト

2008年06月24日 作品 トラックバック:0 コメント:0

古代京都

古代京都  一日五句

さくらさくら環太平洋活火山

月高音夏草なびきつつ濡れよ

螢の備蓄に新しき頭蓋

織機に次ぐ織機夕立に次ぐ夕立

空蝉を誰の祈りとしたものか

2008年06月23日 作品 トラックバック:0 コメント:0

食前狂

一日五句 食前狂

長梅雨や午後よりの匙並べをり

天井の低くて水母乾燥機

鉄砲百合村の星々打ち鳴らし

笹百合の咲かされてゐる見頃かな

何もかも過ぎ去りし後夏の月


2008年06月22日 作品 トラックバック:0 コメント:0

| そして俳句の振れ幅TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。