スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

キャッチボール

営業の休憩中、いや、さぼってんだけどさ、公園で。

小学校低学年くらいの男の子二人がきて、キャッチボールしだしたんさ。

兄弟かな?とにかく片方がすごく威張っていて、その上、お兄ちゃん、捕るのも投げるのも下手なもんだから、弟くんが捕りにいかされたり走らされたりして、お兄さんは自分がキャッチミスするたび悪態をついているんですよ。弟くんは明らかにうまいのです。

兄弟かなぁ、学んどけよ、理不尽。


スポンサーサイト

2008年08月19日 雑記 トラックバック:0 コメント:2

選択の余地がないなかで選択しないという選択肢の是非

常に前向きでいることが嫌だ。ポジティブな考えは素晴らしいし、幸せは近いのだろうけど、

後向きでいたいし、たまに前も向きたい。

という話を彼女にしたら、

「傍観者でいたいんだね」
と、

確定したくないというのはつまりそういうことか。

青いというか、青いまま腐りそうで怖い。






2008年08月08日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

プロレタリア

「労働は尊い」それが事実だとしても、やはり結果的に上手く乗せられている気がするのです。

だって神の名を口にする支配者は神を信じてなどいないだろうし、
オーラで前世な占い師もそうだろう。

元をたどれば神は自然発生的なもので、また、労働に価値を感じるのも自然な感情だと思う。
しかし、そうしたナチュラルな部分をふんだんに使い、奴等は非常にスムーズに搾りとる。羊の毛を刈るより簡単なんだ。多分。

だから俺は自然な感情や事実だとしても、それに安心したくはないのです。一応羊よりは幸せだとしても。

一方で、ボーナスの支給に感謝ですよ。結構出た。うはははは。


夏季賞与カッと立ち漕ぎして帰る  火尖

暗き葉の裏側匂ふ暑さかな

2008年07月11日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

とりあえず仕事が忙しいのと炎環賞用に僅かずつでも作り溜めているので、ブログの更新が滞っております。

2008年07月03日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

回回回回回回回回回回

回の字を並べると模様に見えるよ。

携帯で更新するとそう見えたんだけど、パソコンで見るとそうでもないな。
夜中に好物のじゃがりこを食べる。夜中という食べ物をおいしくする時間。


2008年06月17日 雑記 トラックバック:0 コメント:0

| そして俳句の振れ幅TOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。